Members

テルー

アルゼンチン  [ 1.soccer ]

1998/06/14

アルゼンチンと日本がワールドカップで試合をしているのはまるで夢のようだった。マラドーナがいなくてもアルゼンチンは強かった。・・・マラドーナは今まで数々の強敵を沈没させている。ブラジルが最後にワールドカップで負けたのはアルゼンチンだ。(90年大会、決勝ゴールはカニージャ。マラドーナの天才的なパスはドゥンガ、ライーなどの中盤4人の足をすり抜けカニージャにわたりブラジルをどん底に突き落とした。)86年大会ではイングランドを5人抜きゴールと、神の手ゴール(ゴールに手で入れた。主審は気づかなかった。)で退けている。

朝起きたらテレビや新聞などで日本は惜しかった、善戦したとまたいつものように報道されていたがとんでもないと思う。日本は私が見る限り決定的なチャンスはほとんどなかった。(ディフェンスはかなりがんばっていた。)アルゼンチンと互角に戦うのはあと20年ぐらい必要だ。いやもっとかも?!この1点差にものすごく差があるのだ。アルゼンチンとの試合が経験がある前日本代表の堀池はアルゼンチンと試合をやるとサッカーをやめたくなるといっていたぐらいだ。日本が相当この一戦に意気込んでいるのが試合を見ていて分かった。初めてのワールドカップというプレッシャー、相手のうまさから徐々にスタミナを奪われていることがパスの精度からも見て取れた。アルゼンチンは前日までの雨で芝の状態もあまり良くなかったにもかかわらずベロンとサネッティが調子の出ないオルテガやクラウディオロペスの分まで走り回っていた。前半、オルテガの予期せぬスルーが名並の足をはじきボールは相手チームのゴールゲッターの胸に吸い込まれていった。セリエA得点王バティストゥータはさすがだ。アルゼンチンの凄さは、そのゴールが決まった瞬間に私が日本が負けるのを確信するのに十分だった。呂比須が先発だと思ったのだが残念だった。彼は日本で決定力は一番あると思っていた。彼がゴール前にいるだけで、相手チームには脅威的だと思う。城は何分間点をとっていないのだろうか?調子が悪いのなら他に選手はたくさんいるのだから変えたほうがいいと思う。

Entries of Category "1.soccer"

アリダエイ
コンフェデレーションズ杯2005
FCバルセロナ
6月3日日本vsバーレーン 試合後のコメント
欧州CLリーグ ACミランvsPSV

SMORI with Tokyo

powered by smori.com
www.smori.com
admin@smori.com